top of page
  • 執筆者の写真maruimike

鍼灸師の成長とその敵1

鍼灸業界で活躍する皆さんへ、

私たち鍼灸師のように、比較的小規模な業界に身を置いていると、周囲の人に「鍼灸を日わかってもらいたい」「鍼灸の良さを広めたい」という気持ちが沸々と湧いてきます。当然私たちも同じ考えを強く持っています。そしてつい周囲の環境や人の考え方を変えようと思いがちです。しかし、外の世界が思い通りにならないことにいら立ったり、ストレスを感じたりすることも少なくありません。だけど、本当に大切なのは外の世界を変えることではなく、自分自身を変えていくことです。自分を変えることは、自分の努力次第でどれだけでもできるのです。


この記事では自己の成長とそれを阻むであろう敵の正体について話していこうと思います。


自分自身を深く、そして正確に理解することは、成長するために必要不可欠です。私たちはしばしば、自分のことを正しく認識できていないことがあります。自分が正しいと思っていることも、実は様々なバイアスの影響を受けて、世界を歪んで見ているかもしれません。


特に、私たちが持っている「バイアス」というものは、自分の意見や信念を形成する上で大きな役割を果たします。これは、自分に都合の良い情報を選んで信じがちになる傾向や、既に持っている信念を無意識に強化しようとする心理的な傾向のことです。こうしたバイアスに気づき、それを超えて考えることができれば、より広い視野を持って物事を見ることができるようになります。


皆さん、自分自身について深く考え、自分がどのようなバイアスを持っているのか、そしてそれがどのように自分の世界観に影響を与えているのかを理解することは、成長の第一歩です。自分の内側に目を向け、自分の本質を理解することで、真の変化を遂げることができます。


これは決して簡単な旅ではありませんが、自分自身の真の可能性を解き放つためには、この旅をする価値があります。自分の内側に潜む無限の可能性に気づき、それを最大限に引き出すことで、あなた自身も、そして周りの世界も、より良い方向へと導くことができるのです。


若い皆さんが自分自身の真の力を発見し、その力を通じて世界に良い影響を与えていくことを、心から応援しています。自分自身との対話を大切にし、自分の内側からの変化を恐れずに進んでいってください。あなたの旅は、まさにこれからです。



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

<h1>イノベーションで変わるマッサージの世界</h1>

<p>近年、マッサージの内容や患者さん・お客さんが求めるものの質が大きく変化してきました。10年、20年前は、治療科が行うマッサージは、主に疼痛を除去したり、可動域を広げるための機能的なマッサージが主流でした。しかし、現代では、美容やリラクゼーション、ストレスの緩和を目的としたマッサージが増えてきています。これは時代の変化や人々の生活様式の変化が大きな要因です。以前は、肉体労働や体の不調に対してマ

現代のストレス社会におけるマッサージの進化と未来

現代社会では、ストレスの質と量が大きく変化しています。かつては肉体的なストレスが主流であり、それに対処するためのマッサージが中心でした。しかし、現代では心理的ストレスが増加しており、治療のためのマッサージから癒しのためのマッサージへのシフトが求められています。

【鍼灸で「与える」「助ける」「つながる」 ~人間らしい豊かさを紡ぐ~】

人間には他の動物とは異なる特別な力があります。それは「与える力」「助ける力」「つながる力」です。この3つの力こそが、人間社会の発展と調和を支えてきた礎(いしずえ)といえるでしょう。 鍼灸はまさにこの3つの力を体現するものであり、鍼灸を通じて私たち人間ならではの豊かな生活を実現することができます。 第一に「与える力」については、鍼灸は健康という最高の恵みを人々に与えることができます。鍼灸師は長年の修

Comments


bottom of page