top of page
  • 執筆者の写真maruimike

鍼灸師の成長とその敵2

若い人たちへ、鍼灸業界にいると、私たちは様々なバイアスに囲まれがちです。これらのバイアスから脱出するためには、自分自身と深く向き合い、未来の自分について考えることが大切です。将来の自分が「ヤバイ」状況になっていることを想像し、その未来を避けるために今何をすべきかを考えましょう。私たちは未来を楽観視しがちですが、未来の失敗に対する想像力を持つことで、より賢明な決断ができます。


人間は客観的な判断をしにくい生き物です。感情に左右されやすく、周りの環境やストレス、さらには空腹や疲労によっても判断が変わります。大切なのは、心身の状態を整え、冷静に判断することです。他人の意見に流されず、一度忘れてから再度考え直すことで、新たなアイディアや客観性が生まれるでしょう。


自信過剰は意思決定を歪める大きな原因です。自分の能力を過大評価しすぎると、重要なリスクを見落としやすくなります。小さなテストを通じて自信の程度を確認し、確証バイアスを避け、直感とは反対の証拠を探すことが重要です。知識が増えると合理的な判断ができるようになるため、学び続ける姿勢を忘れずに。


知的謙遜を高めることも大切です。自分の知識や判断が常に正しいとは限らないという認識は、バイアスを減らし、知識を増やし、人間関係や成功にもつながります。直感だけでなく、なぜその判断をしたのかを説明することで、説明能力や合理的判断能力が身につきます。


最後に、自分を批判しがちなバイアスをなくすことも重要です。成功しても自分を批判してしまうのは、認知の歪みが原因です。自分の行動や成功に対する寄与を具体的に書き出し、自分自身の価値を再認識しましょう。


鍼灸業界で成功するためには、自己反省と客観的な自己評価が欠かせません。これらのテクニックを活用し、自分自身の成長と向上につなげてください。あなたの未来は、今のあなたが作り上げるものです。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

<h1>イノベーションで変わるマッサージの世界</h1>

<p>近年、マッサージの内容や患者さん・お客さんが求めるものの質が大きく変化してきました。10年、20年前は、治療科が行うマッサージは、主に疼痛を除去したり、可動域を広げるための機能的なマッサージが主流でした。しかし、現代では、美容やリラクゼーション、ストレスの緩和を目的としたマッサージが増えてきています。これは時代の変化や人々の生活様式の変化が大きな要因です。以前は、肉体労働や体の不調に対してマ

現代のストレス社会におけるマッサージの進化と未来

現代社会では、ストレスの質と量が大きく変化しています。かつては肉体的なストレスが主流であり、それに対処するためのマッサージが中心でした。しかし、現代では心理的ストレスが増加しており、治療のためのマッサージから癒しのためのマッサージへのシフトが求められています。

【鍼灸で「与える」「助ける」「つながる」 ~人間らしい豊かさを紡ぐ~】

人間には他の動物とは異なる特別な力があります。それは「与える力」「助ける力」「つながる力」です。この3つの力こそが、人間社会の発展と調和を支えてきた礎(いしずえ)といえるでしょう。 鍼灸はまさにこの3つの力を体現するものであり、鍼灸を通じて私たち人間ならではの豊かな生活を実現することができます。 第一に「与える力」については、鍼灸は健康という最高の恵みを人々に与えることができます。鍼灸師は長年の修

Comentários


bottom of page